派遣看護師の仕事は広がっている

最近は看護師の仕事の幅も広がってきており、病院で患者さんの病気の手助けをするという役割以外にも、これまでは看護師の仕事とされてこなかった仕事を行う事も出てきています。大きな例の一つに介護の仕事が挙げられます。

介護が必要になるのは主に高齢者。体調を崩しやすかったり、持病が思わぬタイミングで悪化したりという場合があるため、最近では医療設備が導入されている現場も増えてきています。

それに合わせて、医師や看護師が介護施設で働くという事も増えてきています。 万が一の場合に備えて、看護師が介護施設にいてくれるととても助かるという現場は多いのです。 看護師は医療と看護の橋渡し的な役割を果たしていると言っても良いでしょう。

また、介護施設は高齢者ですが、逆に子供が多くいる保育施設でも看護師は求められています。 最近は共働きの家庭も多く、保育園や保育所に子供を乳児のうちから預ける事が増えてきています。 子供も高齢者と同じく、急に体調が悪くなったり、不安定になりやすいです。

そういった場合、保母さんなどでは対応しきれないケースもあるため、最近では健康や病気の専門的な知識のある看護師を、保険の先生という形で迎え入れる現場も増えています。 看護師はコミュニケーション力が高い方も多いので、介護施設や保育所でも、単に病気や体調のサポートといった事だけでなく、思いやりを持って接する事ができます。

高齢者の方や子供は、とても喜ぶ事も多いので、介護施設や保育所では最近は保育園看護師の受け入れに前向きになりつつあります。 まだ増えてき始めた所ですが、これから更に求人は増えていくと予想されています。

看護師の仕事というのは、その場所の人たちの病気や怪我などで困っている人たちと優しく接しながら手助けをする事。 人が集まる場所には必ず必要になる存在とも言えます。 近年は高齢化社会に伴って、これからも様々な場所で、看護師が仕事をする機会は増えていくでしょう。

看護師になるためには

国家資格である看護師には現在3年制の専門学校、短大そして大学があります。ほかには社会人から転職を考えて大学編入制度もあります。入学試験は主に数学、英語、国語が主流ですが学校によっては生物が入る場合もあります。

大学になると国立ならセンター試験を受けなくてはなりません。ここまでは一般の専門学校、大学入試と変わりはありません。希望校に合格後はいよいよ看護学の勉強が始まります。人体の解剖から始まり小児、成人、老人と過程毎に体の変化や特徴などを学びます。ほかには関係法規といういわゆる保険制度のような少し看護学とは無縁のような学習もあります。

しかしこの関係法規は国家試験にも必ず出題されているのでしっかりおさえておいた方がいい分野です。1年目はこのような内容で終わりますがもちろん看護技術も学ばなくてはなりません。1年目は主にシーツ交換、おむつ交換、食事介助といった内容を学ぶことが多いです。2年目になりますと、学習においては、疾患について学びます。脳、循環器、消化器、泌尿器、整形、外科、産科、婦人科、耳鼻科、眼科、小児科と各分野のドクター、専門看護師などが講義を行います。

そして学校によりばらつきはありますが2年目にほとんどの学校が戴帽式を行います。看護師の原点であるナイチンゲール誓詞を暗読しナースキャップをもらいますが、現在ではナースキャップの廃止からキャップなしで行なわれている学校が多いようです。戴帽式が終わるといよいよ実習が始まります。2年目の中盤から基礎実習が始まり3年目はほぼ一年間臨地実習になります。

基礎実習では病棟で働く看護師を知る。が目標になり、難しい課題はほとんどありません。看護師について見て覚える。看護師業務を知る。が具体的な内容になり、受け持ち患者を持ったり厳しい指導を受けたりすることは少ないです。しかし3年目は受け持ち患者を持ち、全科の実習にいきます。

中には手術に入るケースもあります。出産に立ち会うこともあり、3年目の実習を経て成長していくことは間違いありませんが、大量のレポート、毎日の振り返り、翌日の看護計画など睡眠も取れないほどの過酷な一年になります。だいたい1月頃にすべての実習が終了する場合が多く、それが終わればいよいよ国家試験です。三年間学習した内容を過去問や、アカデミーなどを利用して個々で取り組みます。

10数年前より必須問題が入り国家試験合格も厳しい内容に変わりつつあります。6割あれば合格と言われていますがその年々に異なり試験問題内容により変動するようです。2月末に試験があり約一ヶ月後に合格発表となります。見事合格すればあこがれの看護師となります。

大学を卒業した場合はご自身の選択によっては助産師、保健師と看護師資格のほかにも得られる資格はあります。

介護施設での看護師さん

 一般の病院だけでなく、特別養護老人ホームなどの介護施設にも看護師さんはいらっしゃいます。

 入所者の食事、排泄、入浴の介助は主に介護福祉士や一般の職員が行いますが、入所者の日々の体温や血圧測定、その他医療に関することは看護師が行います。  

 長期で寝たきりの入所者は床擦れができたり紙おむつを常用している方はおむつかぶれができたりします。自力で歩行できる方でも、高齢であるとちょっとした物につまづいて転倒して怪我をすることがあります。

 そのような時に外科的な治療をするのも看護師です。また、入所者によくある腹痛や頭痛、風邪、発熱など、内科的な症状にも、すぐに対応できるのが施設内に常駐している看護師です。

 どこの介護施設にも、連携している病院がありますので、その病院の医師が定期的に入所者の巡回、診察を行っています。その医師との協力のもと、看護師は常に入所者に近い場所で入所者の健康状態を把握し、健康管理をする役割を担っています。また、介護福祉士やその他施設職員とも連絡をとり、よりよい看護ができるよう、日々、努力しています。

 最近、看護師の仕事はきつい、そのしんどさに収入が見合わないという理由で辞めてしまう人も少なくないという話も耳にします。命と向き合う現場で働く看護師という職業は、ひと昔前はやりがいの大きい、憧れの職業でした。  

 しかし現実問題として、入所者、患者、同僚との人間関係のストレス、プレッシャーなどの精神的な問題、夜勤や早出、遅出などの不規則勤務からの体力的な理由などによる、やむを得ない退職もあります。

 そんな中でも、やはり看護師としての使命感を持って日々、研修や研鑽に励み、入所者がベストな健康状態で過ごせるように奮闘する看護師さんは数多くいらっしゃいます。

 看護師という職業と家庭との両立は、家族の協力、そしてさまざまな工夫が必要ですが、介護施設で医療の専門的知識を持った看護師さんは頼れる存在です。入所者、看護師さん、ともに気持ちよく過ごせる現場であって欲しいです。

ページの先頭へ